エアドゥはなぜ安いの?デメリットはないの?

最近話題になっているLCC(格安航空機)ですが、エアドゥもLCCの一つの会社と考えている人は少なくありません。しかし、エアドゥはANAと提携している航空会社です。では、なぜエアドゥは安いのでしょうか。デメリットというのはないのでしょうか。

エアドゥがなぜ安いのか?3つの理由

なぜエアドゥは安いのでしょうか。主に3つの理由を挙げることができます。まず、最初は人件費を抑えているからです。大手の航空会社は東京に本社があります。また、国内や海外に営業所や支店を設けており、その分人件費もかさみます。

しかし、エアドゥは本社が北海道です。人件費は東京や大阪と言った大都市と比べて低く抑えることができます。2つ目の理由は路線を絞っているからです。ANAのように海外に路線を拡大するというよりも、自分たちの営業できる範囲内で路線を維持しています。

逆に言うと、無駄な路線、赤字路線を作らないようにしているのです。3つ目の理由はANAと提携しているという点です。共同運航しているので、広告費を抑えることができます。さらに、機体はANAのお下がりです。もちろん、きちんと整備されて耐用年数内の機体を使用しているので安全面で問題はありません。

エアドゥはデメリットってないの?

エアドゥは格安というイメージが強いですが、実際に利用するに当たってデメリットはないのでしょうか。まず、最初に取り上げたいのは機内サービスがほぼないということです。基本的に飲み物を提供するぐらいで、あとはほとんどありません。

コストカットしているためムダなさービスを省いているのです。大手の航空会社と比べるとデメリットと感じるかもしれませんが、事前に飲み物や軽食を自分で準備していれば不便はしません。さらに取り上げるとすれば北海道に特化しているという点です。

つまり、北海道を中心とした路線しかありません。それで、北海道への旅行で利用するならば安く移動することができますが、それ以外の地域でのサービスを受けることができません。このように実際にデメリットと言えるほどのものはありません。他の格安飛行機と同様に事前に情報収集をしていると対処することができます。

エアドゥの強みは北海道に特化したところ

このようにエアドゥは安く利用することができ、ANAと提携しているので安心、安全な航空会社と言えます。そして最大の特徴は北海道に特化したというところです。それで、北海道へ旅行する際にはまずエアドゥで路線を探して、料金を比較するとお得に旅行を楽しむことができます。

北海道発着の航空券予約・空席照会・運賃案内ならAIRDO(エア・ドゥ)

格安飛行機 デメリットTOP