格安飛行機はなぜ安いの?低価格で利用できる理由が知りたい!

格安飛行機は、価格が安いことが却って不安を煽ってしまい、低価格には何らかの理由があるのではと勘ぐってしまいがちです。

格安飛行機がなぜ安いのか、その理由をきちんと知っておけばより安心して搭乗できるので、安さの理由を解説します。

設備と座席

まず、設備を簡素なものに変更し座席数を増やしている点が大手航空会社との違いとなります。大手航空会社では、より快適なフライトを楽しめるよう座り心地のよい座席であったり、かゆいところに手が届く設備も設置してあります。

一方格安飛行機では、我慢出来ないほどではないにしろこのサービスを削ることでコスト削減を実現しており、その分安く航空券を提供できるように設定してあるのです。また、座席の数を増やすことでより多くの搭乗者を増やすことに成功しており、質より量で攻めていると考えて問題ありません。

座席数が増えることで自然と座席間の幅も狭まってしまいますが、それも安く飛行機を利用するためだと考えれば納得できる程度の広さではあります。

各種サービスの有料化

主に手荷物に関するサービスと機内サービスの有料化を行っている格安航空会社が多く、大手なら無料で提供してくれるサービスを有料化することで通常価格を抑えています。サービスの質を下げているのではなく、あくまで希望者のみに提供しているため、追加料金を支払えば機内食などの追加サービスを楽しむことは可能です。

手荷物検査では、少しでも重量をオーバーすると有料となってしまう航空会社が多く、また重量制限を厳しくチェックすることで少しでも燃料を浪費しないフライトを実現しています。

どれもがサービスの低価格化につながっていますが、我慢できなければ料金を支払うことで利用できるのも格安飛行機の特徴といえます。

必要な分だけ利用する

機内サービスなど、人によっては必要のないサービスを削ることで格安飛行機は成り立っています。不安定な機体を使っていたり、パイロットの質を下げているわけではないので安心して利用しましょう。

格安飛行機 デメリットTOP