JALの飛行機を利用する際の注意点!機内持ち込み可能なものは?

旅行の際に必ずと言っても良いほど利用する機会が多いのが飛行機です。移動の際には手にしている荷物を機内に持ち込めたり預けたりも出来ますが、航空会社によってもそれぞれ決まりがあります。今回はJALを利用することを想定して機内持ち込み可能な荷物などについてご紹介いたします。

持ち込み可能な荷物の大きさについて

まず身の回りのものとして貴重品が入っているハンドバッグなどの他に、10kgを超えない手荷物であれば1つだけ持ち込むことが可能です。100席以上の大きな飛行機であれば、縦40cm以内・横55cm以内・幅25cm以内の合計115cm以内に収まれば持ち込み可能です。

しかし、100席を満たない小さな飛行機の場合は、縦55cm以内・横40cm以内・幅25cm以内の合計100cm以内に限られます。どちらもキャスターやハンドル部分などの付属品を含めた指定になりますので、あらかじめ手荷物を測っておきましょう。

また、搭乗する飛行機の機種も確認しておくと、スムーズに手続きを行うことが出来ます。さらに規定を超える大きさや重さ、機内の収納スペースに入りきらない場合は搭乗ゲートなどで貨物室に預けなければならない場合もあるので注意しましょう。

持ち込みした手荷物の収納場所は?

JALを利用する場合は、手荷物を座席上にある収納棚か座席下のどちらかに収納しなければなりません。座席下であれば、足元や通路、非常口付近に置いておくと非常時に通行の邪魔になるため、必ず前の座席の真下に置いておきましょう。

ハンドバッグのような小さな荷物でも、緊急時に正しい衝撃防止姿勢が出来なくなるので膝の上に置かないように気を付けましょう。また、前に座席がない非常口席の場合は離着陸時に足元に置けないため、収納棚を利用しましょう。

収納棚を利用する場合は必ず自分の座席上の棚を利用し、荷物が落ちないように棚の扉部分をしっかりと締めておきましょう。規定範囲内であればスーツケースなどの大きな荷物でも収納可能になります。

分からない場合は公式サイトやスタッフに確認する

初めての旅行では分からない事も多く戸惑ってしまう事もあるでしょう。持ち込み可能な荷物かどうかが分からない場合はJALの公式サイトに明記されているのでそちらを確認しておくと良いでしょう。また、当日でもスタッフに確認すれば搭乗が遅れることなくスムーズに行えます。

JAL国内線-航空券 予約・空席照会・運賃案内-

格安飛行機 デメリットTOP